Denim Kimono

着物を着る人も着ない人も気軽に楽しむワードローブのひとつとして・・

Styling 十人十色の着こなし術

  1. STYLING 1
  2. STYLING 2
  3. STYLING 3
  4. STYLING 4
  5. STYLING 5
  6. STYLING 6

Point〜こだわり〜

12.5オンスのこだわり

12.5オンスのこだわり

撫松庵では、デニムの魅力を100%活かし、着物の魅力をもなお100%活かせる厚さを追求すると、
「12.5オンス」の厚さのデニムがベストだという結論に達しました。
メンズのジーンズでだいたい13~14オンス。へヴィーオンスデニムよりごわつきがなく、
ライトオンスデニムよりもはっきりとした加工が実感できる、まさに中間的で
「ちょうどいい」重みと厚さの12.5オンスが、着物としての魅力を引き出してくれるのです。
それでもデニムの性質上、そのままでは着物として身体に馴染む、着やすいというわけではありません。
撫松庵では、「1年間、着ては洗う、着ては洗う…」を繰り返した状態から、着始めるのがいいと考えました。
ですから、『12.5オンスのデニムを1年後の状態に加工したもの』が、撫松庵の『新品のデニム着物』なのです。
もちろん、2年、3年…と着続けることでますますよくなっていきます!

In 撫松庵BUSHOUAN , utilizing 100% of the charm of denim , and to pursue the thickness can utilize 100% of the charm of the kimono , and came to the conclusion denim of the thickness of the " 12.5 oz " is that it is best . Jeans mens , 13-14 oz roughly . There is no stiff than heavy ounce denim to , machining and clearly than the light ounce denim can be realized , 12.5 ounces of thickness and " just right " weight , I bring out the charm of a kimono the intermediate exactly. Still, the nature of the denim , and adjusting to a body as it is , it does not mean that it is easy to wear .
In 撫松庵BUSHOUAN , I thought a good from the state repeated "1 year , wash it , wearing ... wash it to wear ", and is begin to wear . So , " what was processed into a state of one year after the denim of 12.5 oz " is , is the " denim kimono new " of 撫松庵BUSHOUAN . You can, of course, be familiar with a body more and more to continue wearing two years , three years ... and enjoy the depth and personality .

デニムの厚さは「オンス (OZ) 」という単位で表され、1平方ヤードの生地の重さを表したもの。
1オンス = 28.3g弱。1平方ヤード = 0.84m²。10oz(タテ糸・ヨコ糸10番手)未満のデニムを「ライトオンスデニム」と呼ぶ場合がある。

3本ステッチ

3本ステッチ

デニムの縫製は、絹と同じようにはできません。
撫松庵が、デニム生地の縫製に一番適していると考えたのが、「3本ステッチ」。
ジーンズなどのワークウェアに強度を加えるために開発されたダブルステッチを、さらに進化させたものです。
着物としてはなかなか考えにくいですが、この縫製技術によって、何度も洗濯することができるのです。
また、経年変化もこのステッチによって左右されることもあります。

Sewing denim can not be the same as silk.
Was thought 撫松庵BUSHOUAN, and is most suitable for sewing of denim fabric, "three stitches". It is made further evolution, the double stitch that was developed to add strength to the workwear such as jeans.
Is quite unlikely as the kimono, but we are able by this sewing techniques, I wash many times. In addition, aging also this stitch Therefore sometimes depends.

クラッシュ加工

クラッシュ加工

クラッシュ加工とは、ハサミやカッター、紙ヤスリや金属ブラシなどを使って生地を人為的に破いたり、
生地を擦り減らしたりするハードダメージ加工の一種となります。要するにクラッシュの文字通り、壊したり、
リタイヤさせる一歩前の状態に加工することです。クラッシュ加工も撫松庵デニムきものらしさの大切な表現のひとつです。

The crash processing, it becomes a kind of hard damage processing or tear artificially the dough using cutter or scissors, and metal brush or sandpaper, or decrease rubbing the cloth. Literally a crash, it is to the state of the processing step prior to crush and to retire short. Crash processing is also one of the most important expression of the quality of撫松庵BUSHOUAN denim kimono.

インディゴブルー

インディゴブルー

インディゴブルーを数年着用した時の着心地や風合いまでもが、デニムの醍醐味!
経年変化を楽しむのはジーンズだけではありません。デニム着物でも、もちろん楽しむことができるのです。

Even texture and comfort when you wear several years indigo blue, best part of denim! Enjoy a secular change is not the only jeans. Even denim kimono, we are able to enjoy of course.

ブラックデニム

ブラックデニム

クラッシュデニムのこだわりはそのままに、呉服の藍下という技法から発想を得てあえてインディゴブルーのデニム生地の上に、
さらに黒を染めています。ただの黒ではない、深みのある黒をお楽しみください。
洗濯などを繰り返すうち、ブラックからうっすらブルーが覗いてくる、、風合いの変化もブルーデニム同様に楽しめます。

The same, and on top of the denim fabric indigo blue, the feelings of the crash denim is dyed black even dare inspired by the technique called indigo under the kimono. Please enjoy not a black only, and the black with the depth.
While I repeat and washing, blue comes peeps slightly from black, can enjoy the blue denim as well changes in texture.